母子家庭で借金苦なので生活保護受けたい

母子家庭で借金苦に陥ってしまっていて、どうやっても生活することができないので生活保護を受けたいと思っている人は少なくないです。借金苦は母子家庭に限ったことではないですが、やはり仕事については女性よりも男性の方が有利という側面がまだあるので、収入面で母子家庭は父子家庭に一歩劣ってしまうのは無理のない話しです。

そのため母子家庭で結婚していた際に、専業主婦しかしてこなかったという人の場合だと、仕事スキルが乏しい場合が多いので、どうしてもできる仕事がかぎられてきてしまいます

そうなってくると、生活が苦しくて、生活費のために借金をしてしまうというのは普通にありえることです。

そして借金額が大きくなって、返済できなくなってくると、生活保護を受けたいと思う人もいるかと思いますが、生活保護って借金があると認められないことがあるんですよね。

生活保護は生活するためのものなので、生活保護費から借金返済することは認められてないです。そのため借金があると生活保護を受けられない可能性があるんですよね。

そのため母子家庭で生活保護を受けるには自己破産などによって借金を清算する必要があったりします。

自己破産するためには弁護士などの専門家に依頼する必要があるので簡単ではないです。

母子家庭の借金を弁護士に相談する際のポイントとは